英語は声に出した方が面白い。

佐々木のぞみです。

一応、英語講師をやってます。

なので、英語に触れる機会が他の人に比べると断然多いわけです。毎日、英文に触れています。

生徒には、文法がどうのこうの。この単語の意味はどうのこうのって教えてます。

が、

最近、文法とか単語よりももっと重要で、もっと楽しいことがあることに気づいた。

それが発音。

発音って言っても、センター試験に出るようなアクセントがどうのこうのっていう退屈な話じゃない。
フレーズごとに学ぶ発音。

前々回くらいにマリリン・マンソン様が大好きって話をしました。YouTubeで彼のインタビューを見ることもあるけど、99.9%は何を言ってるかわからない。

全部字幕にしてくれたらわかるかもしれなけいけど、まだテクノロジーがそこまでやってくれないからね。

例えば、going toってフレーズがあるけど、これ日本人なら「ゴーイング トゥ」って言うかもしれないけど、映画とかで全く聞いたことない。英会話においては、ほとんどがgonna「ゴナ」って発音してる。

want toはwanna とか、知ってる単語でも聴き取れないことがたくさんある。

英会話では、want toは、「ウォント・トゥー」じゃなくて、「ワナ」。

私は職業柄、そういう違いには自分で気がつくことが出来たけど、学校ではそんなこと習わなった。

これから東京オリンピックがやってくるけど、多国籍の中で、日本人だけが英語力で他国に引けを取るのは日本人としてとても悲しい。

この記事を読んでるあなたは、多少なりとも英会話に興味を持ってると思います。

違うかもしれないけど。

でも、あなたにだけには、ホンモノに触れてほしい。

そう思って、何かいいサイトがないかと探してみた。

「英会話 発音」で検索したら、英会話発音.jpというサイトを見つけた。

実は、うちの英会話学校でも、この山田暢彦の先生の本をテキストに使っていたりする。

なんだけど、このサイトから登録できるSuper Fast English!は、本当に本当に素晴らしくて。

山田暢彦先生が、吉永賢一先生と一緒に作っているのだけれど、
こんなすごいのがあるのなら、私は一体なにをやっているのかとも思う。

ここだけの話、私が知らないこともいっぱい話していて、
最近、こんなに勉強になったことはない。

ネットには、いろいろな情報が落ちてるね。ほんと素晴らしい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク