絶世の美女と猟奇的殺人鬼

佐々木のぞみです。

前回の「誰にも秘密。私が英語を好きなったワケ」っていう話をしました。

それは中学2年生。14才のころに出会ったアルバムがキッカケ。

姫路市立の中学校に通っていた私が、学校の帰り道で寄ったCDショップ。そのジャケットを見たとき、恐怖を感じたけど、次の瞬間にはそれが興味に変わっていた。

そのアルバムは何なのか?

つい最近読んだ小説「QJKJQ」でも登場したんだけど、小説内では長い名前を独自に略して「ゴエグロ」と呼んでいた。

センスのある略し方。

そろそろ正体を明かしましょう。

ゴエグロとは、

The Golden Age Of Grotesque
(ゴールデン エイジ オブ グロテスク)

マリリン・マンソンさまのアルバムで、2003年に発売されたもの。

マリリン・マンソンって誰?

って思うかもしれないけど、Googleで検索しないほうがいいと思う。

ショッキングな映像、画像が多くて軽いトラウマを埋めつけられるかもしれない。そこは自己責任でやってね。

マリリン・マンソンさまを私が説明するなら、、

「人が気持ち悪いと思う物は何かを熟知してる」

大学生のときからスマートフォンを持ち始めて、初めてインターネットを自由に扱えるようになった。

そして、マリリン・マンソンさまのプロモーションビデオを見たんだけど、一部は吐き気がするような物も多かった。

大きなショックを受ける映像ばかり。

でも、触れ続けるとそれが快感に変わってくるんだよね。

こんな事言うから、友達に引かれるんだけど、、

これが私が英語を好きになったキッカケ。

またね〜。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク